沖縄タイトル

1日目へ
3日目へ

みごとな青空
昨夜、ホテルに戻ったのは1時半を回っていて、それからのんびりお風呂に入って、寝たのは2時半ごろでした。ツインを一人で使うという思いっきりぜいたくな夜を過ごし、朝一番にカーテンを開ければ、私を祝福するような青空。「やったぁ~!」


ホテルの窓から
沖縄の空はただ青いだけでなく「高い」。関西で見る青空と色はそれほど変わらない気もするんだけど、はるかかなたに空があるんです。でも、これは写真では伝えにくいね。
建物の上に必ずあるのがタンク。沖縄はすぐ渇水するのでどこの家にもビルにもタンクがあるのだそうです。タンクと言っても、一見してそれとわかるわけではないので、前日に説明をしてもらうまで全く気付きませんでした。

RIKA親子
出迎えから見送りまで、ず~っとつきあってくれたRIKAさんが、11時に迎えに来てくれました。エキゾチックな美人のRIKAさんによく似た息子・椎也くんは、3歳。元気がありあまって、ロビーではしゃぎまわり、ティールームに襲撃をかけようとして、とうとうおかあさんから叱られてしまいました。


子供の目の高さになる。
育児を経験した親なら、誰でも知ってることですが、RIKAさんは、さらに落ち着いて「ねえ、しいや、あなたが暴れて、ウエイトレスのおねえさんにぶつかったら、運んでるものを落としたりしてたいへんなことになるんだよ」と説明。あれほど暴れ回っていたしいや君は「うん、うん」とうなずいて、それっきりティールームには近付きませんでした。RIKAさん、さすが!(^^)
RIKAさんが抱いているのは、娘の憧佳ちゃん。彼女もちっちゃな体にエネルギーぎっしり。車のチャイルドシートがお嫌いらしく、ベルトの装着を??ホンの泣き声で必死に抵抗して、しばらく泣き続けていました。でも、やっぱり女の子の泣き声はかわいいです。(^^)

名護の海 
宜野湾市でhikoさんと合流。RIKAさん、メロさん、2台の車に分乗して、そのまま高速で名護まで走りました。走っているうちにますます天気はよくなって「おまささんが来たら、雨まで追い払ってしまった」とメロさん。ハイ、私、無敵の晴れ女なんです。


エメラルドグリーンの海
「ああ、雨のあとだから、ちょっと濁ってますねぇ」と言われても、こんな文字通りのエメラルドグリーンの海を国内で見られるなんて。感激!! 
渇水対策のために、沖縄でもダムの建設が進んでいるそうですが、そのせいで、雨が降ると上流の土砂が流れ出て海が黄色くなるのだとか。沖縄もどんどん姿を変えていくのでしょうね。

沖縄そば 
「沖縄で絶対食べたい」ものの一つ、沖縄そば。hikoさんおすすめの名護市内のお店で味わいました。「ソーキそば」は、煮込んだ骨付きの豚肉がゴロンゴロンと乗せられたダイナミックなそば。軟骨まで食べられるほど、柔らかく煮込まれてます。


父親代理(?)
hikoさんが抱いているのは、RIKAさんの娘のとうかちゃん。まだ小さく切ったそばしか食べられないので、時間がかかる。先に食べ終わったhikoさんが、RIKAさんが食べる間、とうかちゃんの世話をしてました。
チャイルドシートに乗せられるときは、あれほど抵抗した彼女なのに、hikoさんの膝では、この通りゴキゲン。
hikoさんが食べさせてあげるおそばをパクパク食べてました。(^^)

沖縄の食べ物は、昨夜のゴーヤと言い、豆腐と言い、おいしくておいしくて…。でも、きっと沖縄で食べるからおいしいんでしょうね。同じものを持って帰ってもきっと違う味に感じるような気がします。暑くて、湿度の高い沖縄だからこそ、のお料理なのでしょうね。

珍しい展望台
先ほどの海が、少し濁っていたので「もっときれいな海を見られるところがある」と連れて行ってもらったのが、大田原展望台。
ところが、最近は訪れる人もないらしく…。(^^;;


壊れた望遠鏡
展望台の売店も長い間営業していない様子で、3基ある望遠鏡も誰かのいたずらか、全部料金箱がこじあけられたように壊れていました。でも、端から覗いていくと1基だけお金を入れなくても見られたので、ちょっと得した気分。
でも景色はよかった。逆光になってしまったので、写真はちょっと白けてますが…。

ブルービーチ
「じゃあブルービーチに行こう」と言い出したのはhikoさん。なんでも米軍の演習用の浜が週末は開放されてるんだとか。ワクワクしながら近付いてみると、ゲートは閉じられて、立ち入り禁止になってる。おろろ~。
でも、hikoさんとメロさんは果敢にもゲートを乗り越えて偵察に行ってくれました。そして「誰もいないから大丈夫~!」


誰もいない海
青い空と青い海と白い砂と…。絵に描いたような景色が広がってました。「見つかったら、フィルムは取り上げられるよな」と言いつつ記念撮影。
いいのか? こんなことネット上で公開して。(^^;;

 

ブルービーチ・ゲート前
この者たち、アメリカへ連行する




不法侵入者たち
入ってはいけないと言われれば、入りたくなるのが人情。この手の写真は、高校生の修学旅行なんかでよくやりますが…。
いい大人が寄って、記念撮影してるなんてね。
#でも、みんなの嬉しそうな顔ったら。

もしも、捕まったら「日本国の法律によって処罰される」のだそうです。なんだ、アメリカには行けないのか。

 

てぃ~や
将来、どれほどの美少年になるだろうと楽しみな椎也君。 サ行の発音がまだ完成されてないので、自分のことを「てぃ~や」と言う。それがまたかわいくて、つい「てぃ~や」と呼んでしまいました。


意志の強そうな顔
「てぃ~やは、まーちんぐのひとになる」と言って、周りを喜ばせてくれます。
私のことは、「おまたたん」と呼んでくれる。(;_;)

 

こ、こわい~ 
一見、ひょうひょうとした感じなんですが、とってもお茶目なhikoさん。


妖怪人間??
これ、リモートで、自分を撮しておられました。
この人、沖縄マーチング界の重鎮なのです。

 

<
壊れかけ?
コザでタコスを食べたあと、hikoさんの家でまた飲み会。 RIKAさんの夫君・YORRYさんも駆け付けて下さって、フルメンバーが揃いました。マーチングのビデオを見つつ、ネットで掲示板めぐりをしつつの、その夜のhiko邸は、まさにチャンプルー状態でした。


見たまま
説明の必要はないでしょう。(^^)
とにかく騒がしかったです。

 


1日目へ
3日目へ
ホームページへ