バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

2005年4月3日(日) 開花
ものの芽の大地破りて並びおり

ためらいつ綻び初む枝垂花

十歳なお更地に野良寝る春うらら

2005年4月7日(木) 春霞
遠景に融け入る桜並木かな

ライトアップ受け桜の陰揺れる

雨上がり桜花ひときわ色を増し

2005年4月11日(月) 春爛漫
花吹雪吹き上げられて坂上がり

さざ波を立てて踊るや雪柳

春園の静寂を破るヘリの行く

藤棚に新生の兆し見届けり

父と子の揃いのマスク花粉症

欄の朱に雪柳降り掛かる

桜花爛漫刹那の恋を留めたき

ここも春路傍に菫のしがみつく

囀を大樹見守る幾星霜

春屋根を鳩の一家の闊歩する
2005年4月13日(水) 
藤の芽や固く拳を握りしめ

姿なき桜一弁舞い降りぬ
2005年4月26日(火) 晩春
遅れ来て一隅照らす八重桜

山吹や塀の隙から顔を出し

春雷やマウス持つ手のふと止まる

青空に房の重さや藤そよぐ
2005年4月28日(木) 行春
蒲公英や旅の行方は風まかせ

名を知りて更に香るやライラック

刻重ね見守る藤に風そよぐ

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

Akiary v.0.51