バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

2002年4月2日(火) らしさ
「私らしくない」と言葉を残して議員を辞職された方がありましたが、最近、この「らしさ」について考えることが多々あります。
「らしさ」ってなんでしょうね。
「あなたらしくない」と言われるとき、それは、他人が私に対してくれる一つの評価ですね。
あなたらしくないと言われるより、「あなたらしいわ」と言われることが多いのですが、そういうシーンって、たいてい、ズバっと物事を言い切ってしまったり、ブルドーザーのごとく前へ前へ進んで仕事をやっつけている時であったりするわけですが、私自身としては、実は、「あなたらしくない」というところにこそ、私の本質が見えているような気がしているのです。

「おまさに任せておけば間違いない」「しっかりおまさ」
これが、前職の私がいただいた評価でした。
これがどれほど私の重圧になったことか。
泣くことさえ許されない雰囲気がありました。
でも、一方でその言葉が私を育ててくれたとも思います。
「しっかりおまさ」の称号に負けないように、しっかりすることを自分の前にぶら下げて歯を食いしばった日々が、なんとか一人前に仕事をできる人間にしてくれました。

今、私の前で一人の青年が、頭に重い雲をまとっているかのように塞ぎこんでいます。
「キミらしくないよ」と言ってみるのですが、彼の弱さを知っている私は、励ましているつもりで、実際には、彼の気持ちを一層萎えさせているのではないかと思ったりもします。
でも、彼なら自分の中の弱さと闘ってみせてくれるとも信じています。
二十歳のころは、泣いてばかりいた私がこれだけ強くなれたんだもの。
あの頃の私からみれば、はるかに今のキミの方が強さを持っているし。
顔をあげて、キミらしく歩いてみようよ。

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

Akiary v.0.42